効率良い方法で草取りをやってみよう!|綺麗ガーデンづくりスキル

不動産

効率よく行う

イヤな草むしりを少しでも効率的にやるために

草刈り

草むしりで最も基本になるのは、根っこからごっそりむしる、ということです。雑草はなかなかしっかり根を生やしているので、つい面倒になり上の葉っぱ部分だけむしる、ということになりがちです。しかしこれではせっかく汗水たらしてむしっても、すぐにまた生えてくることに。しっかり根を抜きましょう。それには乾いた地面ではなく、湿った地面、雨が降った後などがおすすめです。また、真夏になってからよりも、雑草がまだ出たばかりの頃に一度しっかりむしっておきましょう。 気が付いたら庭の向こう側の道路が草で見えなくなっていた、等と言うことが無いように、出る杭ならぬ出る草は早めに叩いておきましょうね。

手抜きの工夫で、草むしりを乗り切ろう

草むしりの大切さは分かってはいても、それでもやりたくないのが人情と言うもの、どうにか工夫して少しでも草むしりを楽にする手立てはないでしょうか。 一番単純なやり方としては、草をなるべく生やさないようにする、ということです。ここに草が生えて困るんだけど、という所には少し重いものを置いてしまいましょう。玉砂利やシートを敷いてしまうというのもありです。 また、黒いゴミ袋などを草の上にかけ、固定しておけば、光を遮断し熱を吸収することで草を枯らすことが出来ます。野菜などを茹でた時の煮汁を草にかけるのも効果があるでしょう。この場合は枯れてほしくない花などに煮汁がかからないよう、注意して下さい。 少しでも草むしりの大変さが軽減できるよう、いろいろ試してみませんか。

Copyright©2015 効率良い方法で草取りをやってみよう!|綺麗ガーデンづくりスキル All Rights Reserved.